大人気のチャコバはコチラ!【Click】

【デカフェもOK?】バターコーヒーはカフェイン無しでも大丈夫!?

「バターコーヒー用のコーヒーってデカフェダメなんですか?」と言う質問が来たので『アンサーブログ書いて』と三浦店長に言われました。

ライターの僕も気になっていたのですが、三浦店長曰く「答えは“NO”ではないけど、よくないとは言われてる」とのことでした。

そこで今回は改めて普通のコーヒーとデカフェの違いやデカフェが抱えている問題、そしてバターコーヒーに使うにはどうしたらいいのかを紹介します。

デカフェってなに?

デカフェは英語のdecaffeinatedの略で、カフェインを除去した飲み物を指します。カフェインレスコーヒーの名前でも知られていて、主にコーヒーを指す場合が多いです。

カフェインを抜く方法は、有機溶媒抽出、水抽出、超臨界二酸化炭素抽出などがあり、生豆の状態で処理されます。

デカフェって美味しくないの?


デカフェは、通常のカフェインが入ったコーヒーより美味しくないという話があります。

これはカフェインを抜く際に熱が加わる、カフェイン以外の成分も抜けてしまうからと言われています。

とくにコーヒーには欠かせない香りが、抜けてしまうことが多く、コーヒー好きからすると物足りなく感じることもあると思います。

近年は、カフェインの除去法が向上し、デカフェでも普通のコーヒーとほどんど変わらない味のものも増えてきています。

なんでデカフェが必要なの?


デカフェは、カフェイン中毒や、カフェインアレルギーでもコーヒーを楽しみたい方や、夜に飲んでも眠れなくなることを防ぐためのものでした。

最近は、妊娠中の女性に勧められることが多いです。カフェインの過剰摂取は早産や低体重児のリスクが高まると言われています。

カフェインはコーヒー以外でも摂取する機会が多いため、普段コーヒーをよく飲む方はデカフェにしてリスクを減らすと安心と言われています。

他にもデカフェには、胃もたれしにくくなる、頭痛や貧血を防ぐ、冷え性を改善するなどの効果があると言われています。

デカフェに選ばれる豆は、カビ毒が多いと書籍には書いてありました。


意外と知られていませんが、コーヒーはカビが発生しやすい食品です。コーヒーを飲むと、胃がむかむかする、胸のあたりが気持ち悪くなるなどの感覚があるとコーヒーがカビ毒に侵されている可能性があると言われています。

一説によると、市場に出回っているコーヒーの約半分にカビが混ざっていると言われており、安いコーヒーは特にカビ毒に侵されいるリスクが高いらしいです。

デカフェに使用される豆は、この安く売られるカビが着いた豆を使用されているリスクがあり、本来カフェインによってカビの発生を抑えられますが、カフェインが入っていないデカフェは、カビがそのままの場合もあると言われています。

カフェインレスだから脂肪燃焼効果が薄れる。


コーヒーのカフェインには基礎代謝を上げて、脂肪の燃焼効果を上げると言われていますが、カフェインレスではその効果が薄れてしまことが考えられます。

コーヒーの脂肪燃焼効果はカフェインだけでなく、コーヒーに含まれるクロロゲン酸も、脂肪が増えるのを抑えてくれる効果があると言われています。

しかし、クロロゲン酸は熱に弱く、製法によっては熱を加えるデカフェや深入りコーヒーでは、クロロゲン酸を充分に摂取できない可能性があります。

完全になくなるわけではありませんが、デカフェによってカフェインを失い、クロロゲン酸も減っていたとしたら、脂肪燃焼などのダイエット効果はあまり期待できないかもしれません。

バターコーヒーでもデカフェはおすすめされていない。


バターコーヒーの元となった、完全無欠コーヒーの生みの親アスプリー氏は、カビ毒の問題からデカフェはバターコーヒーに向かないと語っています。

カビ毒はコーヒーに限らずさまざまな食べ物・飲み物から摂取していると言われ、これを減らすことが健康にも良い影響を与えると言われています。

どうしてもデカフェでバターコーヒー飲んでみたい!という人は。


カフェインアレルギーなど、カフェインを摂取できないけどバターコーヒーを試したい方は、以下の方法で選んだデカフェがいいかもしれません。

市販で手に入るコーヒーで、カビやカビ毒を完全に除去することは難しいですが、豆の栽培から加工までこだわったスペシャリティコーヒーなら比較的安全と言われています。

もちろん値段はかなり高価になる場合が多いので、材料費はさらに負担になってしまうかも…

もう一つは、有機JAS認定マークの商品です。有機JASはカビ毒の検査も行っているなど、他の商品と比べて信頼できると言えますね。

基本安いデカフェは質の悪い豆を使い、カフェインを抜く処理でコーヒーの健康効果が薄れている可能性があるため、少しでもカビ毒を避けられる基準を元に選ぶことをオススメします。

ちなみにコレは健康意識高めの話なので、そこまで気にしなくても良いと思います。

バターコーヒーにデカフェは安全を確認して!

今ではすっかり定番になってきたデカフェですが、カフェインレスによるメリットの裏に、カビ毒など健康や安全の問題が隠れている場合があります。

バターコーヒーに、デカフェは完全にダメではありませんが、カビ毒などの問題から本来狙いたい効果が薄くなることがあるので、おすすめはしていません。

どしてもカフェインレスでバターコーヒーを実践したい場合はスペシャリティコーヒーや、有機JAS認定マークなど安心安全の基準を満たしているデカフェを選んでください。

LINEでもご相談ください。ほぼ即レスします。

当店では、このブログの執筆者の私がLINEでダイエット相談受付ております。

もしよかったら、気軽に相談してもらえれば、知ってることは全部お話させて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
よかったらLINEで気軽に相談してみてください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINEよかったら、フォローしてください。

友だち追加

 

店長オススメのバターコーヒーはコチラ>>

buttercoffee

コメントを残す

名前 .
.
メッセージ .