チャコバからデカフェが登場!【詳細】

【低糖質レシピ】ファイバーチキンブロスで本格風キーマカレーを作ってみた!



こんにちは!

チャコールバターコーヒーを使った糖質制限に挑戦中のすなっちです。

チキンと野菜などの旨味が効いた、ミウラタクヤ商店のファイバーチキンブロスは、そのままスープにして飲んでもとても美味しいです。

アレンジも具材を加えたスープや鍋が定番になりますが、その抜群の旨味を活かした本格料理にもぴったりです。

ここでは調理師免許を持っているすなっちが、本場インドのキーマカレーを日本で手に入る材料で作る、糖質制限レシピとしてアレンジしてみました。

実際に作ったレシピ、食べた感想、などとあわせて紹介します。


約4人前の材料

  • ファイバーチキンブロス付属のスプーンで4杯
  • 鶏ひき肉200g
  • 玉ねぎ200g
  • トマト水煮缶1/2
  • ニンニク適量
  • しょうが適量
  • カレー粉大さじ2
  • 粉唐辛子適量
  • ローリエ1枚
  • ガラムマサラ適量
  • 無糖のピーナッツバター大さじ2
  • オリーブオイル大さじ3
  • 塩少々

定番のキーマーカレーのレシピでは、豚肉や牛肉のひき肉が使われますが、今回はファイバーチキンブロスと相性の良い鶏ひき肉を選びました。

カレールーは糖質・カロリー・塩分が高めですが、カレー粉は糖質が控えめなので糖質制限中にカレーが食べたくなったときは、こちらがおすすめです。

カレー粉は当たり前ながら、どんな料理もカレー味にできるため常備して損はありません。またローリエを隠し味として使うことで、煮込み料理の印象がガラっと変わるので、この機会に用意してみることをおすすめします。

ピーナッツバターは糖質が多いと言われることがありますが、無糖のものを選べば低糖質に仕上げられます。定番のレシピではカシューナッツに油を加えたペーストを使っていますが、今回はより手軽な無糖ピーナッツバターで代用してみました。

作り方1 下準備

玉ねぎ、にんにく、しょうがをみじん切りにします。

トマト缶は可能ならピューレ状にします。無添加のトマトジュースや最初からピューレになった缶を使うのもありです。

チェックポイント

  • 生姜は皮ごと使うことで栄養を余すことなく使えます。
  • お手軽にチューブのおろしにんにくやおろし生姜でもOK。


作り方2 玉ねぎを炒める

オリーブオイルを引いたフライパンに玉ねぎを入れ、弱火でじっくり飴色になるまで炒めてください。

けっこう時間がかかるため低糖質の蒸留酒でも飲みながら、休日にのんびり料理するのがおすすめです。

チェックポイント

  • 時間がない方は炒めず、耐熱容器に玉ねぎとオリーブオイルを入れ、ラップをして飴色になるまでチンする方法もおすすめです。


作り方3 香りを立たせる

みじん切りにしたニンニクと生姜、カレー粉、ローリエ、粉唐辛子を加えて香りが立つまで弱火でさらに炒めます。

チェックポイント

  • 油も忘れずに追加してください、油によってスパイスの香りが引き立ちます。


作り方4 煮込み

ひき肉を加え、色が変わるまで炒めます。

色が変わったらトマトとピーナッツバターを加えて、しばし煮てください。

チェックポイント

  • 煮込む際に出る油を、キッチンペーパーなどで丁寧にとることでカロリーを抑えられます。


作り方5 仕上げ

ファイバーチキンブロスを加えて、塩で味を調えます。

最後にガラムマサラで、香りづけしたら完成です。

チェックポイント

  • 最後に追いカレー粉をするとより風味が引き立ちます。


食べた感想


スパイスの香りと風味が引き立つ、一味違う本格派のキーマカレーの完成です!

鶏ひき肉を使ったためあっさりしていますが、ファイバーチキンブロスによる旨味がしっかり支えているので物足りなさは全くありません。

ライスなど炭水化物が無くても、充分美味しくいただけます。


よりおいしくする方法


カレー粉をクミンやコリアンダーなどに変えると、より本格的なキーマカレーになります。カレー粉をベースに好みのスパイスを加えるのも、美味しく食べるポイントの一つです。

ひき肉はもちろん牛でも豚でもOK。薄切り肉でもいいので調理する前に細かく刻んで叩くことで、粗挽きひき肉にするとジューシーで肉感が増します。

肉が苦手な方はひき肉を魚のほぐし身にした、シーフードキーマカレーも美味しいです。

アレンジ方法

ファイバーチキンブロスキーマカレーを使ったアレンジレシピを紹介します。

低糖質カレー焼きそば

お湯で洗って臭みを抜いたしらたきを肉や野菜と炒め、低糖質ソースとキーマカレーを加えた焼きそばも絶品です。

ちょっと濃いめに味付けすることで、ソース焼きそばにも負けない美味しさです!

カレーを作る時にしらたきを加えて、キーマカレー麺にするものおすすめです。


カレードリア風

豆腐や水煮の豆を耐熱皿に敷き詰めた上に、キーマカレーとチーズをのせてトースターなどで焼くとキーマカレードリア風ができます。

ご飯の代わりは千切りキャベツなど、低糖質食材で様々なアレンジが楽しめます!


キーマカレースペインオムレツ

キーマカレーと好みの野菜を加えた卵液を、フライパンに入れてじっくり焼き上げるだけの簡単レシピ。

野菜などもあらかじめ加熱しておくと、卵だけに火を通せばいいので忙しい日にもぴったりです!


ファイバーチキンブロスを使った本格カレーは低糖質!

カレールーは糖質が高いので糖質制限では控えなければなりませんが、カレー粉やスパイスを使用した、本場インド風カレーにすることで糖質を抑えられます。

今回のキーマカレーのように、お手軽にできるもの嬉しい特徴です。

手作りにすることで糖質量をきちんと管理できるため、余裕があればランチでカレーライスとして食べるのも、もちろんありです!

リクエストがあれば、インドカレーだけでなくファイバーチキンブロスを使った低糖質タイカレーにも挑戦したいと思います!

糖質制限中にカレーが食べたい方は、ぜひお試しください。

 

店長オススメのバターコーヒーはコチラ>>

buttercoffee

LINEでもご相談ください。ほぼ即レスします。

当店では、このブログの執筆者の私がLINEでダイエット相談受付ております。
もしよかったら、気軽に相談してもらえれば、知ってることは全部お話させて頂きます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いろいろ発信してたり、相談うけたり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
LINEよかったら、フォローしてください。

コメントを残す

名前 .
.
メッセージ .