チャコバからデカフェが登場!【詳細】

【美髪とダイエット】タンパク質と糖質制限で肌と髪が綺麗になる!?

糖質制限をしていると、タンパク質の摂取量が増えますが……タンパク質ってどんなものか説明できますか?鳥のササミをはじめ、お肉に多く含まれるなど、なんとなく理解している人も多いと思います。

また糖質制限を実施している人が、肌と髪が綺麗になったという話を耳にしましたが、これもタンパク質がかかわっていると思われます。

今回はタンパク質について最低限知っておきたいこと、なぜ肌と髪にいいのか、そして糖質制限におすすめの高タンパク食材をあわせて説明します。

タンパク質のたんぱくってなに?

タンパク質は漢字で書くと「蛋白質」蛋は卵という意味でタンパク質を多く含む卵の白身に関連させて作られた日本語です。

たまに「タンパク質」なのか「たんぱく質」なのかという質問を見かけますが、どちらが正しいという定義はないのでこの記事ではタンパク質で統一します。

タンパク質とは

糖質制限ダイエットの上でかかせないタンパク質についておさらいします。

人の身体のほとんどは水分でできていますが、残りの半分近くはタンパク質です。

タンパク質を材料にして筋肉や臓器など身体の重要なパーツが作られます。身体は常に古くなった部分を取り除いて新しく作り変えるので、毎日タンパク質を一定量食べるのが理想的です。

1日のタンパク質摂取量を知っておこう


1日の摂取量の目安は成人男性で推奨量が約60g、成人女性で約50gと言われています。

しかし、身長や体重にもよるので自分の体重に1.2を掛けた数字が良いとのこと。

(管理栄養士さんに言われました)

例)男性70kgの場合、84g。

数字だけ見るとそんなに少ないの?と思うかもしれませんが、日本人全体を見るとタンパク質の摂取は不足しているようです。

たとえば約70gの鮭の切り身を食べて摂れるタンパク質は約16gくらい。

なので、食材を選んで量を食べないと推奨量には中々、到達しづらいです。

糖質制限すると肌と髪が綺麗になるのは本当?

糖質制限によるダイエット効果もさることながら、実践された方々からは肌と髪が綺麗になったという体験談も聞きます。

あの有名人も実感!糖質制限体験談

>>モデル・タレントの中村アンさん

中村さんは2017年に肌の悩みからさまざまな方法を試して、糖質制限に出会ってから過去最高に肌の調子がいい!SNSに写真付きで報告。

その美しさにフォロワーも驚きや称賛するコメントといっしょに「自分も糖質制限をした時に肌の調子がよくなった」という方も多く見られました。

>>俳優・アーティストの福山雅治さん

スーパースターの福山さんも忙しい日々を健康に過ごし、身体を絞ってキープするために糖質制限をしています。炭水化物を控えてタンパク質中心の食事を心がけるなどまさにこの記事で目指したい糖質制限です。

>>ファッションモデルの蛯原友里さん

エビちゃんの愛称で親しまれているモデルの蛯原さんもスタイル維持のために糖質制限を実践。始めた当時、糖質制限は知名度が低かったため、糖質制限を広めるきっかけを作ったと言われています。

>>ギタリスト・アーティストのSUGIZOさん

LUNA SEAX JAPANのギタリストにして、ソロのアーティストとしてもカリスマ的人気を誇っているSUGIZOさんも糖質制限を実践されています。

普段の食事でも先に生野菜かから食べるようにするなど、食物繊維もしっかり意識しているので40代の今でもカッコイイ見た目から効果が伺えますね。

肌と髪が綺麗になる仕組みはタンパク質にあり!

さて、タイトルにもある糖質制限で肌と髪が綺麗になる仕組みを説明します。

糖質制限をすると、炭水化物などの糖質のかわりにタンパク質の摂取量が増えます。前半でふれたとおりタンパク質は身体を作る材料であり、髪と肌もタンパク質でできています。

糖質制限をすると髪や肌が綺麗になるのは、材料であるタンパク質が増えることで、身体が健康な状態になっていくことの表れとも言えます。 

糖質制限を間違えると逆効果!?よくある4つの勘違い

糖質制限のやり方を間違えている場合、髪や肌がキレイにならないこともあります。自己流で実践した結果、逆の効果が出てしまわないように、よくある勘違いをご紹介します。

1:食べ過ぎない

当たり前のことだと思いますが非常に重要なポイントです。1日の摂取カロリーが消費カロリーを越えてしまうと糖質制限の意味がありません。

糖質制限は食べてもいいものも多いですが、ついつい食べ過ぎてしまう方はまず正しい食事の量を見直してみてください。

2:糖質=甘いものだけでない

糖質と聞くと文字から甘いものを連想しがちです。糖質制限で注意するのはごはんやパンなどの炭水化物

そして野菜でもイモなども糖質が多いので、控えなければいけません。自己流で判断せず、糖質が多い食品を本などで正しく把握しておくことをおすすめします

3:脂質を制限してはいけない

脂質はダイエットでは悪役扱いですが、僕個人の糖質制限ではむしろ摂るコトをオススメしてます

理由は3つ、脂質はすべて身体に吸収されるものではないこと、肌と髪を始め身体の調子を整えるビタミンは脂質に溶けて身体に吸収されること、さらに糖の代わりにエネルギーになるケトン体の原料は脂質と言われています。

4:野菜の食べ方にも注意

糖質制限では必ず先に食物繊維を摂取して血糖値の急上昇を抑えることも重要です。

食事は野菜から食べ始めることも大切ですが、甘い野菜ジュースは糖質が多く、ノンオイルドレッシングも脂のコクを補うために糖質が多いなどの落とし穴もあります。

糖質の多い野菜をできるだけ避けて、食物繊維の豊富な野菜を優先、脂質との組合せで炭水化物を控えても満足できる食事を目指してください。 

他にもストイックに糖質を完全に断つ方法もありますが、うまくいかないと体調不良やリバウンドの原因になることもあるので、極端な方法は必ず医者など専門家に相談してから実践してくださいね。

糖質制限中におすすめ!高タンパクな食材

最後に糖質制限のメイン、タンパク質の多いおすすめ食材4つを紹介します。

豆腐

大豆は食物繊維を含む食材であり、中でも豆腐は高タンパク食品としても優秀です。サラダチキンなどと比べるとあっさりしていますが、水を抜いて両面を焼いて豆腐ステーキなどにすると食事のメインディッシュにもできます。

魚の水煮缶

サバ缶ブームもあって人気を博している魚の水煮缶も高タンパク食品です。自分で糖質を抑えた味付けにすれば醤油や味噌煮も楽しめます。

油漬けでもいいですが、どうせ脂質を摂るならばオリーブオイルやナッツなど他におすすめの方法があるので、水煮缶を使うのが無難です。

焼鳥(塩味)

塩味の焼鳥も低糖質高タンパク食品、スーパーなどで手軽に買えるのも嬉しいですね。焼鳥を使ったアレンジレシピもたくさんあり、包丁を使わない料理もあるので洗い物も少なく食事の用意ができるのもおすすめの理由です。

チーズ

チーズは脂質が多いですが、糖質はほどんどなくタンパク質も豊富でカルシウムも摂れる優秀な食材。ベビーチーズなど手ごろに食べられるチーズは食事だけでなく間食にもおすすめですよ。

見た目も美しくなるダイエットはタンパク質が重要!

タンパク質は身体を作る重要な栄養素の一つです。

糖質制限をすると肌と髪が綺麗になるのはこれらがタンパク質でできているため、効果的に摂ると肌と髪の質がよくなります。

ただし糖質制限の方法を間違えると体に悪影響を与えてしまうので、糖質制限のポイントはしっかり抑えましょう。

ダイエット効果だけでなく見た目も美しくするのはあなた次第です!

正しい方法で実践し、ムリをせず楽しく糖質制限を実践してみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いろいろ発信してたり、相談うけたり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINEよかったら、フォローしてください。

友だち追加

コメントを残す

名前 .
.
メッセージ .