\お盆も出荷してます!質問あればLINE/

MCTオイル配合 チキンブロススープ 150g 【ファイバーチキンブロス】計量スプーン付き
MCTオイル配合 チキンブロススープ 150g 【ファイバーチキンブロス】計量スプーン付き

MCTオイル配合 チキンブロススープ 150g 【ファイバーチキンブロス】計量スプーン付き

通常価格
¥6,840
セール価格
¥6,840
購入時に加算される送料についてはコチラ
数量は1以上でなければなりません

いま健康意識の高いアメリカで話題のスープがあります。その名は『ボーンブロススープ。』

ニューヨークでは専門店ができるほど。健康志向の強いニューヨーカーは専門店でブロススープをコーヒーの代わりに購入し、飲んでいる人も存在します。

☑コラーゲンががギュッと。
☑ビタミン・ミネラル
☑低糖質・ロカボにおすすめ
☑MCTオイルが活動をサポート
☑間欠断食との併用で使用。
━━━━━━━━━━━━━
ボーンブロススープとは
━━━━━━━━━━━━━


鶏や牛の骨を煮込んで抽出されたエキスをベースに作られるボーン(骨)+ブロス(煮込み)スープのこと。肌や骨を作るコラーゲンが含まれるほか、ビタミンやミネラルなどカラダを維持するための栄養素が豊富にふくまれているんです。 

話題のスープ、ボーンブロススープは実は手間がかかるもの、だから手軽に試せる商品を開発 

button

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目指したのはボーンブロスの栄養素
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


そんなボーンブロススープを目指し、独自のブレンドでスープを完成させました。味はまさしくブロススープでチキンコンソメ+黒胡椒がききつつも、アッサリと飲める味わい。

最もこだわったのは味わいと糖質量のバランス、できる限り低糖質(ロカボ)にこだわって作ったスープです。

■コラーゲンペプチド
美肌や髪をつくるアミノ酸を生成する原料となるコラーゲンペプチドを配合。

■ビタミンB類+ミネラル酵母
糖質・脂質・たんぱく質の代謝をサポートするビタミン群を配合、また、亜鉛・銅・セレン・リン・クロムなどミネラル酵母も配合しました。


■豊富な食物繊維
1杯のスープ(粉末10g分)の中の5.2gが食物繊維です。難消化性デキストリンという、栄養素を豊富に含めました、

本スープ1杯で推奨する、食物繊維の摂取量の4分の1が摂取可能になります。

■サイリウムハスク
膨張性のある食物繊維を採用。飲んだ後にお腹で膨張するから満腹感をサポート。

■中鎖脂肪酸(MCTオイル)
素早くエネルギーに変わり、代謝をサポートするMCTオイルも栄養素に含めました。

■チアシード粉末
オメガ脂肪酸・ポリフェノール・食物繊維など豊富な栄養素を含むスーパーフードのチアシードもブレンド。

■Lカルニチン/アルギニン/グルタミン
牛肉に豊富に含まれる栄養素もプラス

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本作はパウダー状。チキンコンソメスープのような味わいパッケージには150gのチキンブロスパウダーが入っています。

━━━━━━━━━━━━━
手軽で簡単な飲み方
━━━━━━━━━━━━━
備え付けの軽量スプーン4杯分の粉末をスープカップに入れる
お湯を100ml-150ml入れる
マドラーやスプーンでかき混ぜて完成。

原材料名 難消化性デキストリン(国内製造)、チキンコンソメ(麦芽糖、食塩、チキンエキスパウダー、食用植物油脂、食用動物油脂、オニオンエキスパウダー、チキンパウダー、粉末しょうゆ、オニオンパウダー、こしょう、セロリ、酵母エキスパウダー、乳製品)(小麦・乳成分・大豆・鶏肉を含む)、こしょう、チアシード粉末、MCTオイルパウダー(中鎖脂肪酸油、デキストリン、加工でん粉)、豚コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む)、マンガン含有酵母、黒胡椒抽出物、亜鉛含有酵母、銅含有酵母、ケール末、トマトエキス末(デキストリン、トマト抽出物)、ほうれん草粉末、ブロッコリースプラウト、クロム含有酵母、モリブデン含有酵母、セレン含有酵母 / 糊料(サイリウムハスク、コンニャクイモ抽出物)、調味料、カラメル色素、酸味料、酸化マグネシウ
ム、L-プロリン、L-アルギニン、塩化カリウム、L-グルタミン、グリシン、クエン酸第一鉄ナトリウム、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、β-カロテン、ビタミンB12
内容量 150g
保存方法 高温多
湿、直射日光を避け涼しい所に保存してください。
お召し上がり方 栄養補助食品として1日10g(付属スプーン約4杯分)を目安に、約150ccのお湯でよく混ぜてお召し上がりください。濃さはお好みで調節してください。
使用上のご注意 乾いたスプーンを用い、ご使用のたびにチャックをしっかりお閉めください。体質に合わない方は、使用を中止してください。食物アレルギーのある方は原材料名表示をご参照ください。 薬を服用している方、通院中の方は担当医にご相談の上ご使用ください。熱湯をご使用の際は、火傷をしないようご注意ください。